kind 属性テキストトラックの種類を指定する

kind 属性は track 要素においてテキストトラックの種類を指定します。

kind 属性に指定できる値は、下記の通りです。

属性値 概要
subtitles 外国語の字幕を表します。この値が初期値です。audio、video 要素によって提供される動画や音声で使用されている言語と、異なる言語の字幕を提供する場合に使用します。例えば英語音声に対して、日本語字幕を提供する場合などが該当します。
captions ノイズが多くて音声が聞き取りにくい場合、あるいは閲覧者が聴覚障がい者の方など、音声が利用できない場合に対するテキストトラックを表します。
descriptions 動画の内容をテキストで説明したものを表します。例えば、画面を見ずに操作するような場合、あるいは視覚障がい者の方など、画面を見ることができない場合に、その内容をテキストで説明します。このテキストトラックは音声合成ソフトで利用されることが想定されます。
chapters チャプター (場面ごとの) タイトルを表します。例えば再生位置を移動するためのユーザインタフェースとして利用されることなどが想定されます。
metadata クライアントサイドスクリプトから利用する目的のテキストトラックを表します。このテキストトラックは画面に表示されません。

kind 属性の仕様

この属性を使用できる要素

kind 属性のサンプルソース

<audio src="/seminar.mp4">
 <track kind="captions" src="seminar.ja.vtt" srclang="ja" label="日本語" />
 <track kind="subtitles" src="seminar.en.vtt" srclang="en" label="English" />
 <p>
  セミナーの音声が再生。ブラウザで再生できない場合は、下記からダウンロードしてご利用ください。
  <a href="/seminar.mp3" type="audio/mp3">ファイルのダウンロードはこちら(MP3 / 1.2MB)</a>
 </p>
</audio>

用途から目的の要素を探す

用途から HTML5 の要素を逆引きできます。

テキストに対する意味づけを行いたい
テキストの編集を示したい
改行や折り返しを指定したい
上付きや下付きを指定したい
テキストの書字方向を制御したい
テキストにルビをふりたい
箇条書きなどリストを表したい
セクションを定義したい
コンテンツをグループ化したい
画像や映像などを埋め込みたい
スクリプトやスタイルを埋め込みたい
フォーム関連の要素
テーブル関連の要素
ドキュメントにメタデータを付与したい
インタラクティブな要素
その他

このページの上部へ