figcaption 要素figure 要素にキャプションを付与する

figcaption 要素はその親要素となる figure 要素の内容に、キャプションを付与します。

figure 要素の最初の子要素、もしくは最後の子要素として記述することが可能ですが、記述は任意です。figure 要素に画像が含まれていれば、その画像に対するキャプションを記述します。

サンプルソースを見る

figcaption 要素の仕様

カテゴリ
  • なし
コンテンツモデル
この要素を使用できる文脈

figure 要素の最初または最後の子要素として

この要素で使用できる属性
DOM インタフェース
Uses HTMLElement.

figcaption 要素のサンプルソース

<!-- figure 要素の最後の子要素として記述した例 -->
<figure>
 <img src="atami.jpg" alt="熱海で撮影した写真。海をバックに私と母が写っています。" />
 <figcaption>家族で遊びに行った熱海でお母さんと写真撮りました。天気がよくて海がきれいです。</figcaption>
</figure>
<!-- figure 要素の最初の子要素として記述した例 -->
<figure>
 <figcaption>家族で遊びに行った熱海でお母さんと写真撮りました。天気がよくて海がきれいです。</figcaption>
 <img src="atami.jpg" alt="熱海で撮影した写真。海をバックに私と母が写っています。" />
</figure>

W3C HTML5 仕様書

4.5.12 The figcaption element