ins 要素追記された内容を表す

ins 要素は文書に後から挿入、追記された内容を表します。

該当箇所が追記された日時は、datetime 属性で指定できます。また、該当箇所の追記が、他のリソースを根拠に行われた場合は、cite 属性を使用してそのリソースの URI を言及することができます。

サンプルソースを見る

ins 要素の仕様

カテゴリ
コンテンツモデル
この要素を使用できる文脈

フレージング・コンテンツが期待される場所

この要素で使用できる属性
DOM インタフェース
Uses the HTMLModElement interface.

ins 要素のサンプルソース

<!-- ToDo リストを更新した例 -->
<h1>やることリスト</h1>
<ul>
 <li>花に水をやる</li>
 <li><del datetime="2013-06-14T22:05+09:00">ランニング 10キロ</del></li>
 <li><del datetime="2013-06-14T22:25+09:00">ごはんを食べる</del></li>
 <li>寝る前に明日の予習</li>
 <li><ins datetime="2013-06-14">寝る前に歯を磨く</ins></li>
</ul>
<!-- 追記した理由が他ページにあるので言及した例 -->
<p>
 <del datetime="2013-06-14T22:05+09:00" cite="/new_article.html">
  資料がまとまったら書こうかなと思っています。
 </del>
 <ins datetime="2013-06-14T22:05+09:00" cite="/new_article.html">
  <a href="/new_article.html">新しい記事</a>として書きました。
 </ins>
</p>
<aside>
 <ins>
  <p>余談ですが、この記事を書いた後で気がついたことがありまして…</p>
  <p>…省略…</p>
 </ins>
</aside>

関連する要素

W3C HTML5 仕様書

4.7.1 The ins element