th 要素見出しセルを表す

th 要素は表組みにおける見出しセルを表します。通常のセルを表す td 属性との組み合わせ、colspan 属性や rowspan 属性を指定することで、複数列、または複数行をまたぐセルを作成する事が可能で、複雑な表組みも表すことができます。

さらに詳細な説明を見る

サンプルソースを見る

th 要素の仕様

カテゴリ
  • なし
コンテンツモデル

ただし、header、footer 要素、セクショニング・コンテンツ、ヘッディング・コンテンツを子孫に持つことはできません。

この要素を使用できる文脈

tr 要素の子要素として

この要素で使用できる属性
DOM インタフェース
interface HTMLTableHeaderCellElement : HTMLTableCellElement {
           attribute DOMString scope;
           attribute DOMString abbr;
};

詳細説明

th 要素に指定できる属性は下記の通りです。

属性 概要
colspan 属性 複数列をまたぐセルにおいて、そのセルがまたぐ列数を指定します。値は正の整数のみ指定可能です。
rowspan 属性 複数行をまたぐセルにおいて、そのセルがまたぐ行数を指定します。値は 「0」、または正の整数を指定可能です。「0」 を指定した場合、そのセルが属する行グループの最後の行までまたぎます。
headers 属性 見出しセルとセルを関連付けます。見出しセルに与えた id 属性値を headers 属性に指定します。値は半角スペースで区切って複数指定可能なため、複数の見出しセルと関連付けることが可能です。
scope 属性 見出しセルがどの方向のセルに対して対応するのかを指定します。
abbr 属性 見出しセルに対する代替えラベルを指定します。見出しセルを短縮した名称などです。

scope 属性

scope 属性に指定できる値は、下記の通りです。

属性値 概要
col 見出しセルが属する列の下方向。
row 見出しセルが属する行の、該当するセル以降のセルすべて。
colgroup 見出しセルが属する列グループのうち、該当するセル以降のセルすべて。
rowgroup 見出しセルが属する行グループのうち、該当するセル以降のセルすべて。
auto 文脈によって自動的に判断されます。(初期値)

th 要素のサンプルソース

<table>
 <thead>
  <tr>
   <th scope="col">属性</th>
   <th scope="col">概要</th>
  </tr>
 </thead>
 <tbody>
  <tr>
   <td>name 属性</td>
   <td>データが送信される際のクエリ名を指定します。</td>
  </tr>
  <tr>
   <td>multiple 属性</td>
   <td>複数の選択肢を選択を可能にします。</td>
  </tr>
 </tbody>
</table>

W3C HTML5 仕様書

4.9.10 The th element