cite 属性引用元の URI を表す

cite 属性は blockquote 要素q 要素において引用元の URI を表します。

また、del 要素ins 要素に付与することで、そのテキストが削除、追加された理由について言及したリソースを表すことも可能です。

指定できる値は、URI のみです。引用元が Web 上に公開された文書であればその URL が cite 属性の値として使用できます。一般的に販売されている書籍で ISBN コードが発行されている場合は、urn:isbn: スキームを用いて ISBN コードを指定し、引用元を示すこともできます。

サンプルソースを見る

cite 属性の仕様

この属性を使用できる要素

cite 属性のサンプルソース

<blockquote cite="http://ja.wikipedia.org/wiki/HTML5">
 <p>
  HTML5 は、プロプライエタリなプラグインとして提供されている
  リッチインターネットアプリケーションのプラットフォームを
  置き換えることを標榜しており、ウェブアプリケーションの
  プラットフォームとしての機能やマルチメディア要素が実装されている。
 </p>
</blockquote>
<!-- ISBN を使用した引用元の言及 -->
<blockquote cite="urn:isbn:4041001013">
 <p>
  吾輩は猫である。名前はまだない。
 </p>
 <p>
  どこで生まれたかとんと見当がつかぬ。なんでも薄暗い…
 </p>
</blockquote>