inert 属性要素やその子孫要素を不活性化する

inert 属性は、この属性が指定された要素、および要素の子孫要素をユーザエージェントが不活性化することを指定ための論理属性です。

不活性化とは、ボタンでいえばクリックなどの操作ができない、入力コントロールであれば、入力などの操作ができないということですが、inert 属性に関して、ユーザエージェントには特に視覚的にその要素が不活性であることを明示することが求められていないため、場合によってはユーザーから不活性な要素がわかりにくくなってしまうでしょう。このような場合は disabled 属性を使用した方が適切な場合があります。

inert 属性の仕様

この属性を使用できる要素
  • すべての HTML 要素

inert 属性のサンプルソース

<div inert>
  <button id="inert-button">不活性なボタン</button>
</div>

用途から目的の要素を探す

用途から HTML5 の要素を逆引きできます。

テキストに対する意味づけを行いたい
テキストの編集を示したい
改行や折り返しを指定したい
上付きや下付きを指定したい
テキストの書字方向を制御したい
テキストにルビをふりたい
箇条書きなどリストを表したい
セクションを定義したい
コンテンツをグループ化したい
画像や映像などを埋め込みたい
スクリプトやスタイルを埋め込みたい
フォーム関連の要素
テーブル関連の要素
ドキュメントにメタデータを付与したい
インタラクティブな要素
その他

このページの上部へ