itemid 属性グローバルなマイクロデータ識別子を付与

itemid 属性は、itemscope 属性、および itemtype 属性を持つ要素に対してグローバルなマイクロデータ識別子を付与します。itemid 属性の値は、URL/URN(Uniform Resource Name) となります。

itemid 属性の仕様

この属性を使用できる要素
  • すべての HTML 要素

itemid 属性のサンプルソース

<dl itemscope
    itemtype="http://schema.org/Book"
    itemid="urn:isbn:0-330-34032-8">
  <dt>タイトル</dt>
  <dd itemprop="title">HTMLの歴史</dd>
  <dt>著者</dt>
  <dd itemprop="author">日本太郎</dd>
  <dt>発行日</dt>
  <dd><time itemprop="pubdate" datetime="2019-10-25">2019年10月25日</time>
</dl>
<article itemscope="itemscope"
         itemtype="http://schema.org/Article"
         itemid="http://example.com/aboutme/">
  <meta itemprop="description" content="記事の概要" />
  <link itemprop="author" href="http://example.com/aboutme/" />
  <header>
    <h1 itemprop="name">記事のタイトル</h1>
  </header>
  …省略…
</article>

用途から目的の要素を探す

用途から HTML5 の要素を逆引きできます。

テキストに対する意味づけを行いたい
テキストの編集を示したい
改行や折り返しを指定したい
上付きや下付きを指定したい
テキストの書字方向を制御したい
テキストにルビをふりたい
箇条書きなどリストを表したい
セクションを定義したい
コンテンツをグループ化したい
画像や映像などを埋め込みたい
スクリプトやスタイルを埋め込みたい
フォーム関連の要素
テーブル関連の要素
ドキュメントにメタデータを付与したい
インタラクティブな要素
その他

このページの上部へ