max 属性入力可能な最大値を指定する

input 要素における max 属性

input 要素において max 属性は入力コントロールに対して入力可能な値の最大値を指定します。

フォームから送信されるデータの入力範囲を限定したい場合に、max 属性と min 属性を組み合わせることで実現可能になります。また、step 属性をあわせて指定することで、値の精度、つまり入力可能な最低単位を指定することもできます。

指定できる値

input type="number"

input 要素type="number" が指定されている場合、max 属性に指定できる値は浮動小数点数です。

浮動小数点数を小数点形式で表す場合は整数部分、小数部分をピリオドで区切って 0.40.151.34 のように表します。当然ですが、整数部分だけでも構いません。

指数形式で表す場合は 1.15e2 (= 1.15×102 = 115)、1.34E2 (= 1.34×102 = 134)、4e-3 (= 4×10-3 = 0.004) ように表します。

input type="range"

input 要素に type="range" が指定されている場合、max 属性に指定できる値は浮動小数点数です。値の初期値は 1 となります。

input type="datetime" ほか

input 要素に下記の値が指定されている場合、

  • type="datetime"
  • type="date"
  • type="month"
  • type="week"
  • type="time"
  • type="datetime-local"

max 属性に指定できる値は日付け文字列です。例えば、2013-06-14T14:05:34 のような形式になります。

max 属性に指定される日時は、入力可能範囲のうち、最後の日時になります。つまり、指定した日時より後の日時は選択できなくなります。

meter 要素における max 属性

meter 要素における max 属性は指定可能な値の最大値を指定します。指定できる数値は浮動小数点数です。

min 属性、および low 属性が指定されている場合はその値以上である必要があります。省略された場合の初期値は 「1」 です。

サンプルソースを見る

max 属性の仕様

この属性を使用できる要素

max 属性のサンプルソース

<input type="number" min="0" max="1000" step="5" />
<input type="datetime-local" min="2013-06-14T10:00:00" max="2013-06-14T18:00:00" step="60" />
<input type="range" min="0" max="50" step="2" />
<p>
 ハードディスク使用率: <meter value="60" min="0" max="100" law="20" height="80">60%</meter>
</p>