メニューを表示

referrerpolicy 属性リファラポリシーを設定

referrerpolicy 属性は、リンク先にアクセスする際、あるいは画像など外部リソースをリクエストする際にリファラ(アクセス元の URL 情報)を送信するか否か(リファラポリシー)を指定します。

referrerpolicy 属性に指定できる値

属性値 概要
空文字列 デフォルト値。特にリファラに対して条件指定をせず、ブラウザの挙動によります。
no-referrer リファラを一切送信しません。rel="noreferrer" を付与した場合と同様の扱いとなります。
no-referrer-when-downgrade リンク元が SSL/TLS を用いており、リンク先が SSL/TLS を用いていない場合にはリファラを送信しません。
リンク元が SSL/TLS を用いていない場合は、リンク元の完全な URL をリファラとして送信します。
same-origin リンク元とリンク先が同一オリジンの場合は。リファラを送信します。
origin リンク元のオリジンのみが送信されます。
strict-origin リンク元、リンク先がそれぞれ SSL/TLS を用いている場合、あるいはリンク元が SSL/TLS を用いていない場合にリンク元のオリジンのみを送信します。
origin-when-cross-origin リンク元とリンク先が異なるオリジンの場合、リンク元のオリジンのみを送信します。
リンク元とリンク先が同一オリジンの場合、リンク元の完全な URL をリファラとして送信します。
strict-origin-when-cross-origin リンク元、リンク先がそれぞれ SSL/TLS を用いている場合、あるいはリンク元が SSL/TLS を用いていない場合に下記の条件でリファラを送信します。
  • リンク元とリンク先が異なるオリジンの場合、リンク元のオリジンのみを送信します。
  • リンク元とリンク先が同一オリジンの場合、リンク元の完全な URL をリファラとして送信します。
unsafe-url リンク元の完全な URL をリファラとして送信します。

referrerpolicy 属性の仕様

この属性を使用できる要素

このページの上部へ