scope 属性対応するセルの方向を指定する

scope 属性は th 要素において、その見出しセルがどの方向のセルに対して対応するのかを指定します。

scope 属性に指定できる値は、下記の通りです。

属性値 概要
col 見出しセルが属する列の下方向。
row 見出しセルが属する行の、該当するセル以降のセルすべて。
colgroup 見出しセルが属する列グループのうち、該当するセル以降のセルすべて。
rowgroup 見出しセルが属する行グループのうち、該当するセル以降のセルすべて。
auto 文脈によって自動的に判断されます。(初期値)

サンプルソースを見る

scope 属性の仕様

この属性を使用できる要素

scope 属性のサンプルソース

<table>
 <thead>
  <tr>
   <th scope="col">属性</th>
   <th scope="col">概要</th>
  </tr>
 </thead>
 <tbody>
  <tr>
   <td>name 属性</td>
   <td>データが送信される際のクエリ名を指定します。</td>
  </tr>
  <tr>
   <td>multiple 属性</td>
   <td>複数の選択肢を選択を可能にします。</td>
  </tr>
 </tbody>
</table>