abbr 要素略称を表す

abbr 要素は、略称や頭字語を表します。例えば、「W3C」 という略称に対して、abbr 要素でマークアップすることで、それが略称だということを意味づけします。

また、title 属性をあわせて使うことで、略称の正式名称を指定することもできます。title 属性を使用する場合は、略称の正式名称以外を値として記述してはいけません。

title 属性値は、多くのブラウザで、ツールチップとして利用されています。

サンプルソースを見る

abbr 要素の仕様

カテゴリ
コンテンツモデル
この要素を使用できる文脈

フレージング・コンテンツが期待される場所

この要素で使用できる属性

この要素に対して使用される title 属性は、特別な意味をもちます。

DOM インタフェース
Uses HTMLElement.

abbr 要素のサンプルソース

<!-- W3C という略称に対して abbr 要素と title 属性で正式名称を表しています。 -->
<p>
 <a href="#w3c"><abbr title="World Wide Web Consortium">W3C</abbr></a> は
 World Wide Web で使用される各種技術の標準化を推進する為に設立された標準化団体です。
</p>

W3C HTML5 仕様書

4.6.9 The abbr element