b 要素特別なテキストを表す

b 要素は、重要性を強調を伝える必要や、引用や用語の定義といった意味合いもなく、特別なテキストを表すものです。

例えば、文書の概要にあるキーワードや、レビュー記事の中に出てくる製品名やサービス名などが該当するかも知れません。

HTML 4.01 などにおける b 要素は、太字のテキストという意味を持っていましたが、HTML5 における b 要素はこのような意味を持ちません。強調したければ em 要素、重要性を伝えたければ strong 要素、目立たせたければ mark 要素、本文とは質が異なるテキストを表したければ i 要素、書籍、映画、楽曲、演劇、講演など、作品のタイトルを表したければ cite 要素というように、文脈的に他に適切な要素があればそちらを使用しましょう。その上で、適切な要素がない場合に b 要素を使用します。

仕様書内では、なぜこの要素が使われているのかが分かるように、b 要素に対して class 属性を使うことを勧めています。

サンプルソースを見る

b 要素の仕様

カテゴリ
コンテンツモデル
この要素を使用できる文脈

フレージング・コンテンツが期待される場所

この要素で使用できる属性
DOM インタフェース
Uses HTMLElement.

b 要素のサンプルソース

<!-- リード文を b 要素使用した例。特に目立たせたい意図はないが特別なテキストです -->
<article>
 <h1>ブログの記事</h1>
 <p><b class="lead">昨日、サッカーを見ていた時の話をしたいと思う</b></p>
 <p>知っての通り、私はほぼ毎日のようにサッカーを見ているが…</p>
…略…
</article>
<!-- 間違った使い方 -->
<p>
 <b>注意してください!</b>
 間違ってダウンロードされる方が増えています。
</p>
<!-- このような場合は strong 要素を使用するのが妥当です -->
<p>
 <strong>注意してください!</strong>
 間違ってダウンロードされる方が増えています。
</p>

W3C HTML5 仕様書

4.6.17 The b element