bdi 要素書字方向が明確でないテキストを表す

bdi 要素は、テキストに対して双方向アルゴリズムを適用する際に、その適用範囲を指定します。

日本語や英語など、多くの言語は、横書きで文字を書く際、左から右に向かって書きますが、世界にはアラビア語などのように右から左に向かって書く言語も存在します。このような書字方向が異なるテキストを文書内に混在させることは可能ですが、bdi 要素によって、対象となるテキストを指定することで、双方向アルゴリズム適用時の不具合を解消することができます。

例えば、: や ; などの記号や、英数字などは、書字方向が異なる言語の間でも同じように使用される場合が多く、

[アラビア語] : 2013年6月12日

といった記述があった場合に、そのままでは、[ : 2013] まで含めて双方向アルゴリズムによって左側に配置されてしまいます。このようなことを避けるため、[アラビア語] の部分を bdi 要素でマークアップすることで、適切にテキストの配置が行われます。

なお、この要素に対して dir 属性が省略された場合は、初期値として auto が与えられます。

サンプルソースを見る

bdi 要素の仕様

カテゴリ
コンテンツモデル
この要素を使用できる文脈

フレージング・コンテンツが期待される場所

この要素で使用できる属性

この要素に対して使用される dir 属性は、特別な意味をもちます。

DOM インタフェース
Uses HTMLElement.

bdi 要素のサンプルソース

<ul>
 <li>投稿者 <bdi>jcranmer</bdi>: 12件の投稿</li>
 <li>投稿者 <bdi>hober</bdi>: 5件の投稿</li>
 <li>投稿者 <bdi>إيان</bdi>: 3件の投稿</li>
</ul>

関連する要素

W3C HTML5 仕様書

4.6.23 The bdi element