code 要素コンピュータ言語のコードを表す

code 要素は、コンピュータ言語のコードを表します。文中にでてくるプログラムなどのソースコードをマークアップするために使用されます。

コンピュータ言語ですので、HTML、CSS をはじめ、JavaScript、Perl、PHP など様々な言語をマークアップすることが可能です。また、class 属性値によってその言語が何言語なのかを示すこともできます。HTML5 仕様書では、「language-」 からはじまる class 属性値の使用を勧めています。

サンプルソースを見る

code 要素の仕様

カテゴリ
コンテンツモデル
この要素を使用できる文脈

フレージング・コンテンツが期待される場所

この要素で使用できる属性
DOM インタフェース
Uses HTMLElement.

code 要素のサンプルソース

<p>
 ハイパーリンクを設定したい場合、
 <code class="language-html"><a href="sample.html">リンクテキスト</a></code>
 のように記述します。
</p>
<!-- 長いソースコードの場合は、pre 要素内で使用することもできます -->
<pre>
 <code class="language-javascript">
  $(function(){
   $('#menuButton').click(function() {
    $('#menu').toggle('fast');
   });
  });
 </code>
</pre>

W3C HTML5 仕様書

4.6.11 The code element