colgroup 要素表組みの列グループを表す

colgroup 要素は、表組みの列グループを表します。

列に対して class 名を与えることが可能で、これをセレクタにして CSS を適用することができます。

colgroup 要素が col 要素を 1つも持たない場合、span 属性を指定することで、対象となる列の個数を指定できます。この値は 0より大きい正の整数でないといけません。col 要素を子に持つ場合は、span 属性は使用できません。

列のグループをこの colgroup 要素、一方、行のグループは、thead 要素tfoot 要素tbody 要素で表すことができます。

サンプルソースを見る

colgroup 要素の仕様

カテゴリ
  • なし
コンテンツモデル
  • span 属性が存在する場合のコンテンツモデルは空
  • span 属性が存在しない場合は 0個以上の col 要素を持つことが可能
この要素を使用できる文脈

table 要素の子要素として。ただし、caption 要素より後ろ、かつ thead、tbody、tfoot、tr 要素より前に記述すること。

この要素で使用できる属性
DOM インタフェース
interface HTMLTableColElement : HTMLElement {
           attribute unsigned long span;
};

colgroup 要素のサンプルソース

<table>
 <caption>
  <strong>生徒名簿</strong>
 </caption>
 <colgroup class="no" span="1" />
 <colgroup>
  <col class="name" span="2" />
  <col class="gender" span="1" />
  <col class="birthplace" span="1" />
 </colgroup>
 <thead>
  <tr>
   <th>出席番号</th>
   <th>氏名(姓)</th>
   <th>氏名(名)</th>
   <th>性別</th>
   <th>出身地</th>
  </tr>
  </thead>
  <tbody>
   <tr>
   …省略…

W3C HTML5 仕様書

4.9.3 The colgroup element