head 要素メタデータのあつまりを表す

head 要素は、文書のメタデータのあつまりを表します。html 要素の最初の子要素としてひとつだけ使用することができ、また title 要素は head 要素内で必須となります。

ただし、title 要素は、iframe 要素の srcdoc 属性値に入れられる文書内、もしくは別の手段でタイトル情報が提供される場合は省略可能です。別の手段でタイトルが提供されるというのは、例えば HTML メールなどで、メールの見出しによってタイトルが提供されている時などが該当します。

サンプルソースを見る

head 要素の仕様

カテゴリ
  • なし
コンテンツモデル
  • 1個以上のメタデータ・コンテンツ。title 要素は必須
  • iframe 要素の srcdoc 属性値に入れられる文書内、もしくは別の手段でタイトル情報が提供される場合は 0個以上のメタデータ・コンテンツ (つまり title 要素の省略が可能)
この要素を使用できる文脈

html 要素の最初の子要素として

この要素で使用できる属性
DOM インタフェース
interface HTMLHeadElement : HTMLElement {};

head 要素のサンプルソース

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
 <head>
  <meta charset="utf-8" />
 
  <title>タイトル</title>
 
  <meta name="description" content="ページ概要" />
  <meta name="keywords" content="キーワード" />
 
  <link rel="stylesheet" href="/css/style.css" />
  <link rel="icon" type="image/png" href="/img/favicon.png" />
  <link rel="shortcut icon" type="image/x-icon" href="/img/favicon.ico" />
 
  <script src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.10.1/jquery.min.js"></script>
  <script src="/js/script.js"></script>
 
</head>

関連する要素

W3C HTML5 仕様書

4.2.1 The head element