noscript 要素スクリプト無効な環境への内容を表す

noscript 要素はクライアントサイドスクリプト (JavaScript) が無効な環境に対して表示する内容を表します。つまり、クライアントサイドスクリプトが有効な環境では noscript 要素の内容は無視されます。

なお、XML 文書においては noscript 要素を使用することはできません。XHTML5 文書では使用しないようにしましょう。

サンプルソースを見る

noscript 要素の仕様

カテゴリ
コンテンツモデル
  • HTML 文書で head 要素の中にある場合は 0個以上の link 要素、0個以上の style 要素、0個以上の meta 要素を任意の順番で
  • HTML 文書で head 要素の外にある場合はトランスペアレント。ただし、子孫に noscript 要素がないこと
この要素を使用できる文脈
  • head 要素の中。ただし、祖先に noscript 要素を持つことはできません
  • フレージング・コンテンツが期待される場所。ただし、祖先に noscript 要素を持つことはできません
この要素で使用できる属性
DOM インタフェース
Uses HTMLElement.

noscript 要素のサンプルソース

<!-- スクリプトが無効な環境対して特別なスタイルを適用する場合の例 -->
<!DOCTYPE html>
<htmllang="ja">
 <head>
  <meta charset="utf-8" />
  <title>サンプル</html>
  <link rel="stylesheet" href="/css/style.css" />
  <noscript>
   <link rel="stylesheet" href="/css/noscript-style.css" />
  </noscript>
 </head>
<aside>
 <h1>広告</h1>
 <noscript><p>JavaScript が有効な場合、この場所には広告が表示されています。</p></noscript>
 <div>
  <script>
   sample_ad_client = "ca-pub-0000000000";
   sample_ad_slot = "00000000";
   sample_ad_width = 300;
   sample_ad_height = 250;
  </script>
  <script src="//example.com/ads.js"></script>
 </div>
</aside>

関連する要素

W3C HTML5 仕様書

4.3.2 The noscript element