output 要素計算の結果出力を表す

output 要素は計算の結果出力を表します。何らかの計算をした結果を、この要素で出力します。

クライアントサイドスクリプトで出力結果を output 要素に与えるのが前提の要素のため、JavaScript が実行できない環境では出力の表示ができません。その場合は、output 要素の内容が表示されます。

さらに詳細な説明を見る

サンプルソースを見る

output 要素の仕様

カテゴリ
コンテンツモデル
この要素を使用できる文脈

フレージング・コンテンツが期待される場所

この要素で使用できる属性
DOM インタフェース
interface HTMLOutputElement : HTMLElement {
  [PutForwards=value] readonly attribute DOMSettableTokenList htmlFor;
  readonly attribute HTMLFormElement? form;
           attribute DOMString name;

  readonly attribute DOMString type;
           attribute DOMString defaultValue;
           attribute DOMString value;

  readonly attribute boolean willValidate;
  readonly attribute ValidityState validity;
  readonly attribute DOMString validationMessage;
  boolean checkValidity();
  void setCustomValidity(DOMString error);

  readonly attribute NodeList labels;
};

詳細説明

output 要素に指定可能な属性は下記の通りです。

属性 概要
form 属性 任意の form 要素に付与した id 属性値を指定することで、そのフォームと output 要素を関連付けます。
for 属性 入力コントロールに付与した id 属性値を指定することで、output 要素と入力コントロールを関連付けます。
name 属性 output 要素に名前を付与します。JavaScript から要素にアクセスする際に使用しますが、id 属性を使用するのがよいでしょう。

output 要素のサンプルソース

<form onsubmit="return false" oninput="o.value = a.valueAsNumber + b.valueAsNumber">
 <input name="a" id="a" type="number" /> +
 <input name="b" id="b" type="number" /> =
 <output name="o" id="o" for="a b"></output>
</form>

W3C HTML5 仕様書

4.10.15 The output element