param 要素パラメータを与える

param 要素は object 要素によって埋め込まれる外部リソースが利用するパラメータを与えます。param 要素自信が何かを表すことはありません。

例えば Flash などプラグインが必要な外部リソースを埋め込む際に、Flash の独自パラメータを指定する用途などが一般的ですが、それ以外にも様々なパラメータを外部リソースに与えることができます。

さらに詳細な説明を見る

サンプルソースを見る

param 要素の仕様

カテゴリ
  • なし
コンテンツモデル
この要素を使用できる文脈

object 要素の子要素として。ただしフロー・コンテンツの前に記述する必要があります

この要素で使用できる属性
DOM インタフェース
interface HTMLParamElement : HTMLElement {
           attribute DOMString name;
           attribute DOMString value;
};

詳細説明

param 要素に指定可能な属性は下記の通りです。両属性とも必須属性となります。

属性 概要
name 属性 必須属性です。パラメータ名を指定します。
value 属性 必須属性です。パラメータの値を指定します。

param 要素のサンプルソース

<!-- Flash の埋め込みなどによく利用される例
     ただし、classid 属性は HTML5 では廃止されています -->
<object classid="clsid:d27cdb6e-ae6d-11cf-96b8-444553540000" width="400" height="200">
 <param name="allowScriptAccess" value="sameDomain" />
 <param name="movie" value="sample.swf" />
 <param name="quality" value="autolow" />
 <embed src="sample.swf"
        quality="autolow"
        width="400"
        height="200"
        allowScriptAccess="sameDomain"
        type="application/x-shockwave-flash"
        pluginspage="http://get.adobe.com/jp/flashplayer/" />
 <p>Flash プレーヤーが有効な場合、ここにはサンプル動画が再生されます。</p>
</object>

W3C HTML5 仕様書

4.8.5 The param element