s 要素無効なテキストを表す

s 要素はもう正確ではない、またはもう関連性がないなど、無効なテキストを表します。HTML 4.01 などにおける s 要素は打ち消し線を引かれたテキストを表しましたが、HTML5 では打ち消し線を伴うかは問わず、無効なテキストを表すものとなりました。

s 要素は、テキストの編集を表しません。そのテキストが削除されたものであれば、del 要素を使用すべきです。

サンプルソースを見る

s 要素の仕様

カテゴリ
コンテンツモデル
この要素を使用できる文脈

フレージング・コンテンツが期待される場所

この要素で使用できる属性
DOM インタフェース
Uses HTMLElement.

s 要素のサンプルソース

<p><cite>HTML5 リファレンス</cite></p>
<p><s>希望小売価格: 1,500円 (税込み)</s></p>
<p><strong>セール価格: 1,300円 (税込み)</strong></p>

W3C HTML5 仕様書

4.6.5 The s element