table 要素表組みを表す

table 要素は表組みを表します。

table 要素は直接の子要素として、caption 要素colgroup 要素thead 要素tfoot 要素tbody 要素tr 要素のみを持つことができます。また、caption 要素、thead 要素、tfoot 要素は、1つの table 要素内に 1つしか入れることができません。

さらに詳細な説明を見る

サンプルソースを見る

table 要素の仕様

カテゴリ
コンテンツモデル

下記の順番で

  1. 任意で 1つの caption 要素
  2. 0個以上の colgroup 要素
  3. 任意で 1つの thead 要素
  4. 任意で 1つの tfoot 要素
  5. 0個以上の tbody 要素、または 1個以上の tr 要素
  6. 任意で 1つの tfoot 要素、ただし、tfoot 要素は合計で 1つのみ
この要素を使用できる文脈

フロー・コンテンツが期待される場所

この要素で使用できる属性
DOM インタフェース
interface HTMLTableElement : HTMLElement {
           attribute HTMLTableCaptionElement? caption;
  HTMLElement createCaption();
  void deleteCaption();
           attribute HTMLTableSectionElement? tHead;
  HTMLElement createTHead();
  void deleteTHead();
           attribute HTMLTableSectionElement? tFoot;
  HTMLElement createTFoot();
  void deleteTFoot();
  readonly attribute HTMLCollection tBodies;
  HTMLElement createTBody();
  readonly attribute HTMLCollection rows;
  HTMLElement insertRow(optional long index);
  void deleteRow(long index);
           attribute DOMString border;
};

詳細説明

sortable 属性

sortable 属性は 2013年 6月現在、Editor's Draft である HTML 5.1 で新たに追加された属性です。

sortable 属性は table 要素に指定することで、その表組みが閲覧者によってソート可能な表組みであることを表します。この機能に対応するユーザエージェントは、表組みをソートする仕組みを提供するでしょう。

sortable 属性は論理属性です。

table 要素のサンプルソース

<table>
 <thead>
  <tr>
   <th>属性</th>
   <th>概要</th>
  </tr>
 </thead>
 <tbody>
  <tr>
   <td>name 属性</td>
   <td>データが送信される際のクエリ名を指定します。</td>
  </tr>
  <tr>
   <td>multiple 属性</td>
   <td>複数の選択肢を選択を可能にします。</td>
  </tr>
 </tbody>
</table>
<table>
 <caption>
  <p><strong>1年1組 生徒名簿</strong></p>
  <p>この表は1年1組の生徒名簿です。列1に出席番号、列2に氏名が入り、生徒1名につき1行となります。</p>
 </caption>
 <thead>
  <tr>
   <th>出席番号</th>
   <th>氏名</th>
  </tr>
 </thead>
 <tbody>
  <tr>
   <td>01</td>
   <td>日本太郎</td>
   …省略…
  </tr>
 </tbody>
</table>

W3C HTML5 仕様書

4.9.1 The table element