wbr 要素折返し可能な箇所を指定する

wbr 要素はテキストの折返しが可能な箇所を指定します。

通常、テキストが表示領域の横幅に達すると、そこで折り返して表示されますが、例えば英単語は途中での折り返しが禁止されているため、長い英単語が表示領域の横幅を超えても、折り返しが発生しません。このような場合に、本来折り返しが禁止されている箇所でも、wbr 要素を記述することで、その場所での折り返しを許可します。

wbr 要素は折り返しを許可するだけですので、実際にそこで折り返しが発生するかは、表示領域の横幅やテキストの分量、文字サイズなどに依存します。

サンプルソースを見る

wbr 要素の仕様

カテゴリ
コンテンツモデル
この要素を使用できる文脈

フレージング・コンテンツが期待される場所

この要素で使用できる属性
DOM インタフェース
Uses HTMLElement.

wbr 要素のサンプルソース

<!-- 1行が長いソースコードなどで、折り返してもよい箇所を示した例 -->
<pre>
 <code class="language-javascript">
  (function() {
   var po = document.createElement('script'); <wbr />po.type = 'text/javascript'; <wbr />po.async = true;
   po.src = 'sample.js';
   var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; <wbr />s.parentNode.insertBefore(po, s);
  })();
 </code>
</pre>

関連する要素

W3C HTML5 仕様書

4.6.27 The wbr element