HTML5 用語解説用語解説

HTML5 を理解する上で必要な用語や概念について簡単に説明しています。

アウトライン

アウトラインとは、フォームタイトル、テーブルタイトル、その他ラベル付けされた要素によって生成される文書構造のことです。

HTML5 であたらに策定されたセクショニング・コンテンツに分類される要素と、いくつかのセクショニングルート要素は、アウトラインを明示的に生成します。また見出し要素 (h1 ~ h6) は暗黙的にアウトラインを生成します。

HTML5 におけるアウトラインに関しては、下記の記事で解説しています。

カテゴリ

HTML5 におけるカテゴリは、各要素の分類で、各要素は 0個以上のカテゴリに分類されます。つまり、カテゴリがなしの要素も一部はありますが、ほとんどの要素はなんらかのカテゴリに属します。

コンテンツモデル

HTML5 におけるコンテンツモデルは、その HTML5 要素が、どの要素を、内容として持つことができるか、つまり自分の子要素とすることができるかという決まりを表します。

例えば、コンテンツモデルが、「フロー・コンテンツ」 であれば、その要素はフロー・コンテンツ カテゴリに属する要素を内容として持つことができます。また、一部の要素は、コンテンツモデルが 「空」、つまり内容を持つことができなかったり、特定の要素のみを内容とできる場合など、要素ごとに細かく決められています。

コンテンツモデルを理解することで、その要素の子要素としてどの要素が使えるのか、といったことがわかるようになっています。

ブラウジング・コンテキスト

ブラウジング・コンテキストとは、文書が閲覧者に掲示される環境のことですが、これは例えばブラウザウィンドウ、ブラウザタブ、フレームなどが含まれます。

入れ子になったブラウジング・コンテキスト

入れ子になったブラウジング・コンテキストは、ブラウジング・コンテキストが入れ子になっている、つまり、ブラウジング・コンテキスト内に表示されるブラウジング・コンテキストということになります。iframe 要素などで埋め込まれたブラウジング・コンテキストは、入れ子になったブラウジング・コンテキストです。

iframe srcdoc 文書

iframe srcdoc 文書とは、iframe 要素srcdoc 属性によって埋め込まれる HTML 文書のことです。 srcdoc 属性によって埋め込まれた文書内では、title 要素の省略が認められます。

グローバル属性

グローバル属性とは、すべての要素で共通に使える属性のことです。HTML5 におけるグローバル属性の一覧はこちらです。

論理属性

論理属性とは、「値を指定せずに、その属性が存在するかしないかだけで意味を持つ属性」 のことです。例えば、audio 要素video 要素autoplay 属性などが論理属性ですが、<audio src="..." autoplay></audio> のように属性値の記述を省略したり、<audio src="..." autoplay=""></audio> のように空の値を指定しても、その属性が存在するということで有効になります。

ただし、XHTML5 においては、論理属性を記述する際、属性値の省略はできません。よって、autoplay="" のように記述する必要があります。

列挙属性

列挙属性とは、「事前に定義されたいくつかの属性値を持つことが可能な属性」 のことです。例えば、audio 要素video 要素preload 属性などが論理属性ですが、noneautometadata いずれかのキーワードを属性値として指定可能です。

また、列挙属性は 2つの条件においてデフォルト値を持ちます。1つは属性値が空だった場合、もう 1つは未定義の値 (つまり不正な値) が指定された場合です。preload 属性の場合、属性値が空の場合は auto が指定されたものとして扱われます。不正な値が指定された場合はブラウザの実装に依存します。

用途から目的の要素を探す

用途から HTML5 の要素を逆引きできます。

テキストに対する意味づけを行いたい
テキストの編集を示したい
改行や折り返しを指定したい
上付きや下付きを指定したい
テキストの書字方向を制御したい
テキストにルビをふりたい
箇条書きなどリストを表したい
セクションを定義したい
コンテンツをグループ化したい
画像や映像などを埋め込みたい
スクリプトやスタイルを埋め込みたい
フォーム関連の要素
テーブル関連の要素
ドキュメントにメタデータを付与したい
インタラクティブな要素
その他

このページの上部へ