:focus-visibleフォーカスされ、かつブラウザがフォーカスリングを表示している要素にスタイルを適用する

:focus-visible 擬似クラスは、要素が :focus 擬似クラスに一致している(つまり、閲覧者の操作によって要素がフォーカスされている)状態、かつブラウザが「フォーカスリング」を表示するなど、そのフォーカスを可視化すると判断した状況で、フォーカスされた要素にスタイルを適用します。

:focus-visible 擬似クラスを使用することで、フォーカスインジケータが表示される状況において、その外観だけを変更することができます。

:focus-visibleのサンプルソース

:root {
  --focus-outline-color: red;
}

:focus-visible  {
  outline: 1px solid var(--focus-outline-color);
}

主要ブラウザの対応

IE11 ×
Edge(EdgeHTML) ×
Edge(Chromium)
Chrome
Firefox
Safari ×
iOS Safari ×
Android Chrome

仕様書

Selectors Level 4

用途から CSS プロパティやセレクタを探す

用途から CSS プロパティやセレクタを逆引きできます。

@-規則
メディアクエリ
セレクタ
疑似要素
疑似クラス
CSS関数
背景

対応ブラウザから CSS プロパティやセレクタを探す

対応ブラウザから CSS プロパティやセレクタを逆引きできます。

IE11
Edge(EdgeHTML)
Edge(Chromium)
Firefox
Chrome
Safari
iOS Safari
Android Chrome

このページの上部へ