::after要素の内容の後に指定したコンテンツを挿入する

::after 疑似要素は、指定した要素の後に content プロパティで指定した値を挿入したり、スタイルを適用したりします。

::afterのサンプルソース

li.new::after {
  content: "new!";
  color: #f00;
}

主要ブラウザの対応

IE11
Edge(EdgeHTML)
Edge(Chromium)
Chrome
Firefox
Safari
iOS Safari
Android Chrome

用途から CSS プロパティやセレクタを探す

用途から CSS プロパティやセレクタを逆引きできます。

@-規則
セレクタ
疑似要素
疑似クラス
背景

対応ブラウザから CSS プロパティやセレクタを探す

対応ブラウザから CSS プロパティやセレクタを逆引きできます。

IE11
Edge(EdgeHTML)
Edge(Chromium)
Firefox
Chrome
Safari
iOS Safari
Android Chrome

このページの上部へ